最新情報

平成会小島病院からのお知らせ

9月24日~30日は「結核予防週間」

お知らせ

世界の総人口の約4分の1が結核に感染しています!!

驚きの見出しですね。

最近での世界総人口が約73億人と言われていますので、4分の1ということは・・・約18億人が感染しているということになります。


ということで今回は、公益財団法人結核予防会が提供している予防啓発のパンフレットより一部抜粋させて頂き、結核についてお知らせしたいと思います。

咳やくしゃみなどによって空気感染する病気です

免疫力の弱い乳幼児は重症化しやすい傾向にあります。

特に高齢者の方に多く、結核と診断された約7割が65歳以上の方です。

どんな症状が出るの?

1、タンのからむ咳が2週間以上続いている

2、微熱・身体のだるさが2週間以上続いている

結核菌によって主に肺に炎症が起きる病気です。
初めは風邪に似た症状ですが、上記の症状にあてはまる場合には早めに受診しましょう。

予防の方法はあるの?

免疫力が大切なので、健康的な生活が予防につながります。

1、適度な運動

2、十分な睡眠

3、バランスよい食事

4、定期的な健診で早期発見

結核にかかっても治せるの?

6~9ヶ月間、毎日きちんと薬を飲めば治ります。

治療の途中で服薬を止めると、完全に治りません。

症状が消えても油断せず治療を続けていきましょう。

結核はむかしの病気ではない

結核と聞くと「むかしの病気」というイメージもありますよね、50年前は死亡原因第1位の病気でした。

しかし現在も命の危険がある病気には変わりありません。

今でも、統計によると1日に50人結核患者が増え、5人が命を落としている、日本の重大な感染症の一つなんです。


予防はもちろん、早期発見や治療によって治る病気ですので、皆さんもお気を付けください。



皆さんも、この機会に結核のこと考えてみませんか?

詳しい情報をご覧になりたい方はこちらで資料がご覧になれます。

http://www.jatahq.org/siryoukan/torikumi/index.html
参照:公益財団法人結核予防会 電子資料館

アーカイブ

年別
カテゴリー別
タグ別

    お問い合わせ

    電話でのお問い合わせ
    026-217-3861平日8:30~17:30
    土曜日8:30~12:30
    メールでのお問い合わせ
    お問い合わせフォーム

    Pagetop